その1 磯根海岸浜昼顔群落の状況

 トップ | イベント写真展 | 資料写真歴史・文化 | 浜昼顔群落 | 交通・アクセス


磯根海岸浜昼顔群落の状況


1 、海浜植物以外の雑草( クヅ・ トクサ・ カヤ・ 笹など) が繁茂し、砂浜を這う浜昼顔の美しい群落は衰退の一途を辿っています。
2 、砂丘の消滅により、ピンクのスロープは跡形もなく消え去ってしまいました。12年頃までは、海浜植物の群生地で、5月になると浜昼顔が一斉に開花し、一面、ピンクに染まりました。また、 至る処に大小の砂丘があり、磯根山を背景にしたピンクのスロープは写真マニアにとって絶好のターゲットでした。 現在はご覧の通り。砂浜に分布するはずのない野草( 葛・ 茅・ 木賊(とくさ)・ 笹等) が群生し、 浜昼顔は僅かな隙間にかろうじて小さな花を咲かせています。また、美しい砂丘は殆どが消滅し、 雨後には湿地の様相を呈しています。前ページの、H12年に撮った写真と比べてください。

←写真H17年5月

 


原因として考えられること


1 、群落の上方に不法投棄された残土が流出し、保水性が著しく高くなりました。そのため砂浜に分布しないはずの雑草が茂り、日光を必要とする浜昼顔は次々と枯死しました。また、雑草の繁茂による窒素肥料分の過多も浜昼顔に悪影響をもたらしていると考えられます。
2 、砂の移動に変化が起き、砂丘が失われたことも一因と考えられます。人工的な構造物の新・ 増設と無関係ではないと思います。

                                写真H16年10月 →

 

花が終わった後。他の野草が浜昼顔をむさぼっているような感じ。密生している木賊(とくさ)は休耕田などに群生する湿地を好む植物です。投棄された残土が流出し、保水性が高まったため、場違いの群落が出現したのでしょう。

←写真H17年6月

 

 昼顔を脅かしている野草。もともと磯根海岸に自生していた野草ですが、浜昼顔より水分の多い( 土壌の保水性が高い) ところに分布していました。したがって、住み分けにより、右の写真のような状況はなかったのですが、残土の流出のため、保水性が高まり浜昼顔と競合するようになったものと思われます。いずれも、浜昼顔より丈があり、しかも密生するので、このままでは、日光を遮られて浜昼顔は枯死すると思います。              写真H17年8月→

 

 葛が浜昼顔の群落をむしばんでいます。大きな葉と凄まじい成長力で、浜昼顔を覆い尽くしています。この付近の浜昼顔は葉の色がうすく、徒長気味で花は殆どつけません。日照不足と窒素分過多のためでしょうか?
 
浜昼顔を護るには、これらの野草には気の毒ですが、除去して元の場所に帰ってもらうしかないと思います。海浜植物の選択的な除去は、気の重いことですが、原因をつくったのは残土を投棄した人間です。やむを得ないことだと思っています。このような状況は、かなり広い範囲に及んでいます。野草の除去には、根気と多くの労力が必要です。残土やごみの不法投棄に関する、関係機関のより一層の取り組みが待たれます。生態系の破壊だけでなく、もっと深刻な事態も考えられます。

←写真H17年8月

 


 浜昼顔の群落は、平坦なところより盛り上がったところに多いようです。乾燥しているので、他の野草が生育しにくいことも原因のひとつかも知れません。したがって、砂丘の発達は浜昼顔にとって好条件であると思われます。現地では最近、砂丘の消失が目立ちます。海中及び陸上での砂の移動に変化が起こっているようです。砂丘の回復を祈るばかりです。

←写真H17年8月

 


浜昼顔の種です。あと2週間もすれば、表皮が破れ、黒い種がこぼれます。

1包中に3 〜 4粒ほど入っています。1粒の重さは0.05c位です( 白井代表が計測した平均値)

播種は来春彼岸前を予定しています。(1、2月には強い季節風で、種子が飛散してしまう恐れあり)

← 写真 H17年6月

 
    

 

他の野草の餌食にしてはならない。

← 写真 H17年8月

今年、発芽した若株。裸足では歩けないほどの

熱砂の上で、逞しく成長しています。

他の野草の餌食にしてはならない。

← 写真 H17年8月

 

   リンク

  その1 磯根海岸浜昼顔群落の状況(T)
  その2 浜昼顔復元活動について  (U)
  その3 浜昼顔復元事業報告     (V)
       3−1 地形及び土質につ
       3−2 植物の状況と作業経過について
       3−3 問題点と課題 

 

 
 トップ | イベント写真展 | 資料写真歴史・文化 | 浜昼顔群落 | 交通・アクセス
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー